J-Debit TOPへ

  サイト内検索

■ J-Debit の決済スキーム

<< Back

決済スキーム


<J−Debitの決済システム>

  1. 利用者が商品を購入、またはサービスの提供を受けようとする場合、利用者はJ-Debitでの決済の旨、加盟店に対し申し出を行います。
  2. 利用者または加盟店は、カードを端末に通して、利用金額を入力します。利用者は利用金額を確認の上、暗証番号を入力します。
  3. 入力データは端末機からカード発行金融機関に伝送され、引落しが依頼されます。
  4. カード発行金融機関はリアルタイムで利用者の口座から利用代金を引落し、
  5. 引落し完了の電文を加盟店に返します。
  6. 引落し完了の電文を受けた加盟店は、商品・サービスの提供を行います。
  7. また、CAFISは、1日分の取引データをクリアリングセンターへ伝送します。以上がJ-Debitを利用した際、即日(X日)に実施されます。
  8. クリアリングセンターは利用日の翌営業日(X+1日)に、受け取った取引データおよび発行金融機関手数料、通信実費を織り込んだデータを集計・相殺し、
  9. 各金融機関ごとの当日の決済尻を計算の上、データを金融機関間の資金決済事務を処理する資金決済幹事行に伝送します。
  10. 資金決済幹事行は利用日の翌々営業日(X+2日)に各金融機関間の決済を行い、
  11. 加盟店金融機関は利用金額から加盟店金融機関手数料を差し引いた金額を、利用日から3営業日(X+3日)以降に加盟店口座へ入金します。